« 2006年5月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年6月

2006年6月11日 (日)

○iBookのHDD交換とOS変更

えー、まずはiBookの分解風景(笑)。

100_0203iBookは細かいネジが多く、どれがどこにはまっていたかをよく忘れがちなので、デジカメなどで分解前の様子を記録しておくといいでしょう。とはいってもそのデジカメもちゃんとした大きい画面で確認しないとわからないですから、パソコンがiBook一台しか無いときはあまり意味が無いかも(爆)。


100_0204 これが今回交換したHDDです。手前が元からついてたもので30Gバイト。向こうのが新品で60Gバイト、倍の容量です。iBookはHDDに熱を持つことが多く、熱でHDDがやられてしまいます。通常の使い方というか、毎日使っていると2~3年で昇天する事が多いですね。HDDの大敵は熱です。
今回はSeagateの製品を使いました。ここのメーカーは評判がよいです。静かで低消費電力。





100_0207 OSをインストール中。
今回はOS X 10.4にアップグレードしました。これでようやくDASHBOARDが使える…。
http://www.apple.com/jp/macosx/features/dashboard/










ちなみに、ついでに今回はG4 CUBEのHDDを交換(20Gだったのよ…)して、さらにOSをアップグレードすると同時に、せっかくだから描画性能を上げようと言うことで、ビデオカードも良いヤツに替えました。DASHBOARDとか使うには、今までのビデオカードではどうも作動がぎこちなくなったり、ファーストユーザースイッチのアニメーション(ぐるっと画面全体が立方形になって回る)が見られなかったりと、つまらないからです(笑)。


100_0217 んで、無事改造も終了(写真撮らなかった)して、OSインストール中…。ところが、このG4 CUBE君のDVDドライブが古いせいか、どうしても2枚目からは読み込めない…(爆)。
あちゃ~、インストールできないのか?! こりは困った。




100_0219 で、緊急対策として、ibookをCUBEにつないで、CUBEをターゲットモードで起動、iBookから外付けドライブとして認識。 で、iBookからCUBEのHDDにインストールして事なきを得ました。Macが2台あってよかった…。
写真は、ターゲットディスクモード中のCUBE画面。FireWireマークが表示されてます。

http://til.info.apple.co.jp/cgi-bin/WebObjects/TechInfo.woa/wa/showTIL?id=58583

ターゲットディスクモードというのは、Macをそのまま外づけのハードディスクとして認識させる方法です。これだとOSがすっとんでしまったようなMacのハードディスクの中身を、他のMacをつないで見たり、バックアップしたりする事ができます。
困ったときの頼みの綱となる、とても嬉しい機能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年10月 »